• 銀行カードローン比較.com

即日審査、低金利など高スペックの銀行系ローンランキング!

銀行系カードローンの利用が初めての方でも条件の良いカードローンが見つかります。

急な出費ですぐに融資を希望される方は、最短即日利用OKの三菱東京UFJ銀行カードローンと銀行系のプロミスの両方に申し込みするとよいでしょう。

↓↓↓↓1分で見つかる銀行カードローン ランキング

※審査に時間がかかる場合もあるので、複数社の申し込みが安心です。もちろん申し込んでも手数料などはかかりません。



銀行カードローン比較ランキング

銀行カードローンは低金利でおすすめ

銀行カードローンは低金利でおすすめ

銀行系カードローンは、突然の出費で資金が必要になったときに活用できるとても便利なサービスです。しかし、銀行カードローンは便利でとても簡単に利用でできる分、ついつい気軽に使ってしまいがちになります。ご利用は計画的にしましょう。

ネットサーフィンをしていても至る所で、カードローンの広告を目にします。

少し年配の人でしたら、20年以上前にバブルの時代は、消費者金融会社のテレビCMを見ない日はなかった日のことを思い出した人もいるのではないでしょうか。

その当時の名前に消費者金融会社が今でも生き残っていることに驚いている人もいることでしょう。結論をいうと、その当時の消費者金融会社のほとんどは今でも生き残っています。

消費者金融会社はその存在すら忌み嫌われた時代があり、様々な規制、たとえば過払い金請求や総量規制などで会社の存在自体が生息吐息という時代があったのです。それでも現在も生き残っているのはひとえに救済する会社があったからに他なりません。

それは大手の金融機関であることは周知の事実となっています。多くの消費者金融会社は都市銀行やネット銀行などの傘下に入りました。

とくに都市銀行はそれまでは個人向けの金融承認に弱く、とかく大企業に優しく個人に冷たいという印象をもたれていたのです。

そのようなレッテルと覆すべく、消費者金融会社をその傘下において、個人向け金融商品のノウハウをそっくりそのまま手に入れることに成功したのです。

それが現在のカードローンの始まりとなっていることは知る人ぞ知るというところですね。カードローンはその使いかってがクレジットカードと似ています。

ですから、中にはクレジットカードとの違いがよくわからなく、クレジットカードとカードローンを混同している人もいるかと思いますが、見た目は一緒でもその中身は似て非なるものですのでしっかりと違いをしっておいたほうがいいでしょう。

それでも混同する場合があるのはクレジットカードとカードローンが一体になったような紛らわしいカードもあります。

いずれにしても、カードローンは大きなお金を借りることもできますので、今さらいうまでのことでもないのですが、その使い道や使い方には十分注意したほうがいいでしょう。


即日融資が可能な審査内容は?

即日融資が可能な審査内容は?

銀行カードローンは信頼性が高くて低金利のものが多く、利用限度額が大きい点が魅力的です。当サイトでは、魅力的な銀行カードローンについての審査や金利の仕組みをわかりやすく解説しています。また、人気上昇中の銀行カードローンを徹底比較してご紹介。


銀行という金融機関に対するイメージと言えば、まず信頼度が高いという点を挙げる事が出来ます。

このために店舗にも入りやすく、両替をしたりお金を預ける場所として多くの人が利用しています。

信頼度が高いという事は、堅実に業務が行われているという事です。

お金を預ける時には安心感がありますが、借りる時には時間がかかってしまいます。安易な貸し付けを行う事がないので、申し込み者の状況について時間をかけた調査が行われるからです。

調査に時間をかける代わりに、金利は低く設定されています。

このために長期的に利用する場合には、非常に優秀な内容です。しかし申し込んでからお金を借りるまでに時間がかかってしまうので、急ぎのお金が必要な場合には選択する事が出来ない内容とも言えます。

現在多くの銀行が提供している個人向けカードローンは、これまでの銀行の商品とはかなり違う内容となっています。

審査に申し込む際に必要となるのは運転免許証等の身分証明書のみであり、担保や保証人、利用計画書などは不要です。

審査は非常に短時間で行われるので、即日融資も期待できます。つまり、急ぎのお金が必要となった場合に対応出来る商品内容という事です。

担保を必要とする商品と比較すると金利は高く設定されていますが、審査の難易度は低めです。短期的な利用に向いている内容であり、目的に合わせての対策が求められます。


銀行カードローンは低金利でおすすめ

銀行カードローンは低金利でおすすめ

簡単で早いという無担保カードローンの中で、銀行カードローンは低金利が設定されている商品です。魅力的な内容を持つ上に申し込み条件は消費者金融系等の他のカードローンとほぼ同じなので、優先的に選択する事をおすすめします。


個人向けの無担保ローンの魅力は、審査に臨む前の準備に手間がかからない点です。

担保や保証人を用意する必要がなく、利用計画書の作成等も不要です。運転免許証や健康保険証といった身分証明書1点だけ持っていれば、審査に申し込む事が出来ます。

担保や保証人は、不測の事態が起きた場合に確保しておく保障です。

これが必要ないという事は、業者側にはリスクが伴う事になります。多額の融資を行ったにもかかわらず途中で返済不能となった場合は、受けるダメージも大きくなります。このために、担保を要する商品と比較すると無担保カードローンは少額融資が中心となっています。

少額融資が中心という事は、利用する側にとって必ずしも悪い事だけではありません。少しだけお金が足りないといったケースで利用出来るからであり、審査時間が短い無担保カードローンはまさにうってつけの内容です。

その中で銀行カードローンは、金利が比較的低めに設定されているという魅力も持っています。

簡単で早いだけではなく低金利という事で、他の業界のカードローンのデメリットが軽減された内容であり、借り換え等での使用も可能な商品です。

20歳以上で安定した収入を得ている人という申し込み条件は他の業界の商品とほぼ同様であり、早い段階での利用がおすすめです。


銀行カードローン金利比較 即日審査はOK?

銀行カードローン金利比較 即日審査はOK?

いろいろな目的で利用できる銀行カードローンは、商品内容もいろいろです。目的に見合った商品を見つけだすためには工夫が必要となります。インターネットの比較サイトは、商品内容を見比べる上で便利な内容であり、参考材料としての使用をおすすめ出来ます。


銀行カードローンとは、銀行が提供している商品の中で個人の消費を目的として考案された無担保ローンの事です。

事業目的での利用は認められていないケースが多く見られていますが、生活費やレジャー等の個人としての使用については特に制限が課せられてはいません。

申し込み条件は、安定した収入を持つ国内に居住している20歳以上の人としているのが一般的です。

フリーターや派遣社員も継続して収入を得ている人は安定した収入を持つ人とみなされます。これらで収入を得ている学生や主婦も利用する事が出来ます。

このように様々な魅力を持つ銀行カードローンは、銀行ごとに商品内容は違っています。

金利、融資枠、審査時間、申し込み年齢等は多様であり、自分の希望に合った商品を選ぶためには申し込む前の比較検討が必要となります。銀行カードローンの比較検討を行う上で頼りになるのが、インターネットの比較サイトです。

インターネットの比較サイトでは項目ごとにランク付けが行われており、貴重な参考材料となります。

当サイトでも限度額や金利を比較していますので、是非参考にしてみてください。

金利が低い商品を選びたい場合は金利でのランキングが参考になり、即日審査を望んでいる場合は審査時間が短い商品ほど希望に近くなります。申し込みを行う前に、目を通しておく事がおすすめです。


銀行カードローンのメリットは?

銀行カードローンのメリットは?

消費者金融の商品と近い内容の銀行カードローンは、総量規制という年収による借入が制限されるというルールが適用されないというメリットがあります。このために他の業者からの利用状況により、借入額を法律で制限される事はありません。


銀行が用意している個人向けの無担保カードローンは、健康保険証や運転免許証等の身分証明書1点だけで申し込む事が出来ます。

10万円程度の少額からの申し込みにも対応しており、即日融資が期待できるほどの短時間審査を実施しています。このような商品内容は、銀行がこれまで用意してきた商品よりも消費者金融に近い内容です。

しかし銀行カードローンは、消費者金融の商品とは大きな違いがあります。それは基準となる法律が違うという事です。

消費者金融のカードローンに対しては、貸金業法という規則を順守する事が求められるのですが、銀行の商品はこの法律の対象外です。このために、2010年に改正施行された貸金業法の総量規制という規則が適応される事はありません。

総量規制とは借入総量は3分の1以内に制限するという内容の規則であり、借り過ぎによるトラブルから申し込み者を守る事が目的で施行されています。

銀行カードローンは銀行法という違う法律により規制されているので、総量規制の対象外であり借入総量は年収により法的な制限を受ける事はありません。

つまり銀行カードローンは、他の業者からの借入が年収の3分の1をオーバーしているような場合でも利用できる可能性があるという事になります。


銀行カードローンは金利で選ぶべき?

銀行カードローンは金利で選ぶべき?

銀行が提供している無担保カードローンは、銀行ごとに金利や審査時間等の商品内容が異なっています。金利だけで選択するのではなく、自分の目的に合わせての商品選択が求められます。目的を明確にしておく事が、間違いのない商品選びにつながります。


銀行が個人向けの商品として用意しているカードローンには、様々な内容のものがあります。

担保を準備しなければならない商品が以前は主流でしたが、現在は無担保での申し込みが可能なものも登場しています。この無担保カードローンも、銀行により内容は異なっています。

同じ金額を同じ期間利用する場合は、金利が低い商品の方が返済額は少なくなります。

50万円を1年間利用した場合の1%の違いは5千円であり、期間が長くなるほど差は大きくなっていきます。返済の負担を減らすためには、金利が低い商品を選択するのは非常に有効な方法です。

しかし商品比較において注意するのは金利だけではありません。

一般的には金利が低い商品ほど審査の難易度は高くなり、結果が判明するまでの時間も長くなります。どのような目的で使用するかにより、向いている商品は変わってくるという事です。

もしも急ぎのお金が必要な場合は、金利ではなく審査スピードに注意しなくてはなりません。今日中にお金が必要というようなケースでは、審査に数日が必要な商品では対応する事が出来ないからです。

個人向けの銀行カードローンを選ぶ時には、どのような目的で利用するのかを明確に把握してから適切な商品を選択する必要があります。


銀行カードローンは即日融資してくれるの?

銀行カードローンは即日融資してくれるの?

運転免許証等の本人確認書類だけで申し込む事が出来る銀行カードローンは、担保を必要とする商品と比較すると金利は高めに設定されています。しかしその分審査の難易度は低めで時間も短いので、即日融資も十分期待する事が出来ます。


銀行が個人向けに提供している商品には、自動車や不動産等の担保を必要とするものと不要なものとがあります。

担保とは返済が不能となった場合に確保する保障の役割を果たすものであり、担保を要する商品の場合は銀行は必ず利益を確保できるという事になります。このために、金利や融資枠などが余裕をもった条件設定がなされています。

一方の無担保の商品の場合は、返済不能となった場合の保障がないという事です。

このために大きな金額の融資は難しくなり、金利も高めに設定される事になります。余裕がない人に向けた商品内容となるので、審査時間はその代わり短くなります。

申し込み当日にお金を利用できる即日融資を期待できる商品も用意されています。

運転免許証や健康保険証等の身分証明書1点だけで申し込む事が出来る銀行カードローンは、無担保の商品の特徴を生かした内容です。

金利は担保を要する商品よりも高くなっていますが、審査時間は短く難易度も低めです。

利用範囲が制限されていないという事から生活費やレジャー等の多様な目的で使用できるのも魅力であり、急いでいる時の選択に向いている商品です。

申し込み条件も緩和されており、20歳以上で安定した収入を得ている人というのが一般的です。誰でも利用できるという事から高い支持を集めています。


銀行カードローンの失敗しない選び方

銀行カードローンの失敗しない選び方

多数の種類が用意されている銀行カードローンは、状況によって適当な商品は違ってきます。金利や審査内容等の商品についての内容と共に、自分が何を希望しているのかも重要となります。失敗しないためには、両方を検討する事が求められます。


銀行カードローンとは、個人向けの無担保ローンの事を指すのが一般的です。

申し込み時に必要となるのは運転免許証等の身分証明書だけであり、担保や保証人は不要です。銀行がこれまで用意してきた商品とは性格が異なっており、短期利用向けの内容となっています。

銀行カードローンの金利や融資額等の商品内容は、銀行ごとに違っています。

20歳以上で安定した収入がある人という事を申し込み条件としているのが一般的ですが、主婦や学生でも利用可能な商品もあれば対象から外れるものもあります。利用するためには、まず自分が申し込み条件を満たしているかどうかを確認しなくてはなりません。

同じ金額を利用する場合は、金利が低い商品の方が返済額は少なくなります。

長期間利用するほど金利の違いによる返済額の差は大きくなっていきます。少しでも金利が低い商品を見つけだす事が、返済の負担を軽くする事につながります。

一方で、金利が高い商品は審査の難易度が低い可能性があります。商品内容が厳しいだけでは魅力がないからです。審査に通る事を最優先する場合は、あえて金利が高い商品を選択するというのも方法となります。

自分の希望と商品の条件を検討した上での商品選択が、失敗しないためには必要となります。


銀行カードローンは主婦でも利用可能なの?

銀行カードローンは主婦でも利用可能なの?

銀行カードローンは返済能力を備えていれば主婦でも利用する事は可能です。ただし自身が収入を得ていない専業主婦の場合は、状況は異なってきます。専業主婦が利用したいのであれば、申し込み対象に含まれる商品を見つける努力が必要となります。


銀行が提供している無担保カードローンは、20歳以上で安定している収入がある方という申し込み条件を設定しているのが一般的です。

安定した収入がある人にはパートやアルバイトも含まれているので、これらの人も利用する事が可能です。主婦や学生も対象となっています。

銀行カードローンの利用上のルールは、毎月指定の金額を返済するという事です。

ルールを守って利用できる経済力を備えているという事が、利用するための条件となります。パートやアルバイトを行っている主婦であっても、毎月返済できるだけの収入を継続していれば条件を満たす事になります。

収入を得ていない専業主婦の場合は、利用可能かどうかは商品により異なっています。

利用できる場合でも一般申し込み者とは違う書類の提出を求められたり、利用可能額を制限されたりします。商品により異なった対応が必要となるので、申し込む前に商品内容をよく認識しておく事が求められます。

即日融資が期待できる短時間審査が行われており、レジャーや生活費等の様々な目的で利用できるのが銀行カードローンの魅力です。

しかし、申し込み条件を満たしていなければ利用する事は出来ません。主婦が銀行カードローンを利用する場合は、申し込み条件に注意する事がまずは第一歩となります。


銀行カードローンと消費者金融系カードローンの違いは?

銀行カードローンと消費者金融系カードローンの違いは?

消費者金融系のカードローンの魅力である簡単で早いという部分を持っているのが、個人向けに提供されている無担保銀行カードローンです。消費者金融系カードローンとは違い、総量規制の対象ではありません。このために年収の3分の1以上の金額の新規借り入れが出来る可能性があります。

消費者金融は、個人向けの少額融資を中心に提供してきた金融機関です。

健康保険証や住民票等の本人確認のための身分証明書だけで審査に申し込む事が出来るので、事前の準備を行う必要がありません。

審査も非常にシンプルな内容であり、即日融資が中心です。急ぎのお金が必要な場合の利用に向いている金融機関であり、簡単で早いという点が魅力となっています。

これに対して銀行は、安心して利用できる信頼度の高さが魅力の金融機関です。

紳士的な対応でサービスが提供されており、気軽に店舗に入る事が出来ます。信頼度が高いという事から大金を預けている人も少なくはありません。消費者金融が短期のお金を借りるのに適しているのに対して、長期的な利用に向いているのが銀行と言えます。

しかし、銀行も短期的な利用に向いた商品を全く用意していないわけではありません。消費者金融が行ってきたサービスのような内容を持つカードローンも登場しています。身分証明書1点だけで即日融資が期待できる無担保カードローンです。

しかも銀行の無担保カードローンは、消費者金融系の商品にはない魅力があります。

それは総量規制という規則の対象にならないという事です。年収の3分の1以上を借り入れる事が出来ないという総量規制の対象ではないので、銀行カードローンは年収により利用額が法的な制約を受ける事がありません。


銀行カードローンで借り換えできるの?

銀行カードローンで借り換えできるの?

金利が高い商品から低い商品に変える事により返済を少なくできるというのが借り換えのメリットです。銀行カードローンは低金利の商品が多いので、借り換えに適した内容です。早い段階で借り換えを行う事により、成功する確率は高くなります。

個人向けの無担保カードローンは、様々な業者が異なった内容の商品を提供しています。

申し込み条件や金利、融資枠などにより自分に合ったカードローンを選択する事が可能です。少しでも有利な条件が設定されている商品を利用する事により、利用期間が長くなるほど得をする事になります。

仮に不利な条件の商品を選んでしまった場合でも、やり直す事は可能です。

借り換えとは、金利の低い商品に切り替える事で有利な条件に変える事を目的として行う方法です。

具体的には、現在利用している金額と同額を他の業者から新たに借り入れて完済してしまうという内容です。現在利用している商品との金利の差が大きいほど有利な条件に変える事が出来ます。

銀行カードローンは、消費者金融系の商品と比較すると金利は低めに設定されています。

このために、借り換えを行うのに適した内容と言えます。

しかし、借り換えは常に上手くいくというわけではありません。金利が低いという事は審査も厳しいという事です。借入が多い場合は、審査に通らない可能性があります。

借り換え目的で銀行カードローンを利用する場合は、借入総量が少ない内に行うのが有効です。

審査に通る確率は借入が多くなるごとに低下します。早い段階で決断するほど、有利な条件に変えられる確率が高くなります。